読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東大文Iを目指す現役地方生の日記

関西の一現役地方生です。まわりに東大志望者はほとんどいませんが、絶対受かってやるという心意気で、入試までの残り一年の日々を綴っていこうと思います。

東大同日体験受験行ってきました

こんにちは。みやびです。

 

先週末は、東進が主催する、東大同日体験受験に行ってきました。

 

この同日体験とは、東進が(どういうルートなのか)東大の問題を入手し、それを現在の高1高2生にもしとして受験させるというものです。(紙媒体のほうはまだわかるんですが、リスニングの問題まであるので、本当にどういうルートで入手しているのか…気になります)

名前の通り、同日に。

 

ですから、試験は夕方から夜にかけて行われます。2日目なんかは22:20までかかりました…

 

この同日受験は、私にとって本当に良いモチベーションアップになりました。

それについていくつか話そうと思います。

 

まず、東大の問題を受験生と同じ日に解くっていうのがもうゾクゾクしますよね。

受験生より点取ってやれ!みたいな野望も生まれます笑

 

で、この同日体験受験をしたということは、同時に東大二次まであと一年を切ったということを強く意識させてくれます。

あと一年でこれを合格点にまでもっていくのか…と。

それに不安を感じてもうだめだーってなる人もいるかもしれませんが、私はむしろ逆でした。

 

今これだけ取れてこれだけ足りない。

だから、あと一年で数学3完と英語90を目指して社会は5割までなんとか持っていこう…みたいな、具体的な一年のプランを考える時間になりました。

実は、社会がわからなさすぎて、50分余ってしまったんです笑

だからその時間ずーっとそういうことを考えてました。

寝ることも頭をよぎりましたが、昼寝したんで眠くもなかったですし、何より他のまじめに解いてる同級生に申し訳ないので…

 

さて、ここからは、今年の東大の問題についての私の感想です。

 

国語は、古文から解く人なんですが、開けた瞬間「源氏物語」の四文字が目に入り、戦慄しました。おお、来たか・・・と。

でも、問題自体は割と普通でした。よかったよかった(?)

評論は、これまた鋭い近代批判だなーと思いながらも楽しんで読めました。

随筆はやっぱりわからない笑

今年は随筆易化とか関係ない笑

むずいのには変わりないですよ。。。

 

数学は、第一問を完答することが出来ました。

これは今回の受験の中でもかなりうれしかったです。

実は去年も同日受けたんですが、割と得意と思っていた数学で全く歯が立たなかったという苦い思い出があり、今回はまがりなりにもリベンジできたかなーと思います。

来年は3完目指します、マジで。

 

社会は、世界史は本当にさっぱりわからなかったのですが、日本史は、あれ?これ日本史の知識とか関係なくね?みたいな問題が出て拍子抜けでした。

資料見たらふつーにわかるような問題が出たんです。

詳しくは今年の日本史の第3問を参照してください。

合ってるのか間違ってるのかもよくわかりません。

今日学校の日本史の先生に聞いたら、「めっちゃやすかった(簡単だった)」と言っていました。

う~ん、どんなもんだろう?笑

とりあえず解答返却されたらまた報告します。

 

英語は、一年前からの進歩をひしひしと感じました。

去年の同日では、要約、段落整序、英作文、和訳一問をやってタイムアップ。

悲惨でした。

当然リスニングもわけわかめ…。

でも、今年は違いました。

時間は相変わらず足りなかったものの、読解にあまり触れられなかった~ぐらいにまで解けました。

リスニングも15問中12問正解と大躍進。

リスニングに関しては英検準一級対策がすごく効いたと思います。

ちなみに、東大英語でのリスニングの配点はなんと120点中の30点です!お、多い!

ですのでリスニングができるようになったら、東大英語において本っ当に強力な武器になると思います!

 

あ、そうそう、今年の東大の英作文はやばすぎました笑

実際の問題文です↓

 

「あなたがいま試験を受けているキャンパスに関して、気づいたことを一つ選び、それについて60~80語の英語で説明しなさい。」

 

はwwwwwwwwwwwwww

 

流石東大!!!受験生の頭を真っ白にしてくれる!!!

 

これはもう…英語でこういう単語、表現、構文を知っているとか、そういう次元のものじゃないと思います。

まさに、英語を「道具として」使って、何を伝えることができるか。

言語というものの本質に迫った問題でもあるように思えます。

同じ部屋で受験していた子は、試験後に

「この問題は、普段からまわりを見渡せっていう東大からのメッセージじゃないかな」

と言っていました。

「確かに、一点に集中してしまうと周りのものが見えなくなるっていうのはわかるよ。でも、そうじゃなくてもっと余裕のある広い視野をもって物事取り組んでほしいな。そういう人と我々は研究をしたいよ」

こういうメッセージなんでしょうかねぇ。

考えすぎかも笑

まぁ、この問題をどう汲み取るかは自由でしょう。

私は素晴らしい問題だと思います。

 

各科目についてはこんな感じです。私は特別成績が良いわけでも何でもないので、こんなにしたり顔でどうこう言うのは僭越だったかもしれませんが、まぁひとりの個人的な意見として暖かい目で見てくれればと思います。

 

さあラスト一年。

本気で受かりたいです。

そのためにもとにかく頑張っていきたいと思います。

 

長い時間付き合ってくれてどうもありがとうございました。

それではまた!

コメントよろしくね~